<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND


FROM ME TO YOU

YUIチャンの1stアルバム☆
全部が全部イイ曲です(・∀・*)
心が暖かくなります♪


Best of KAT-TUN (通常盤)


1stアルバムにしてベスト☆
全部イイ曲です…(ノ∀`*)
…ってジャケ写の雄チャンがテラカッコヨスなので見せたいだけです(笑)





<< … | main | そのまんまのゆーちゃん。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


|-|-|-|
淋しがり屋の栗色。



あれから、ちょうど7年。

とってもキレイな秋晴れ、キラキラの空気。
鮮やかな栗色。
一際小さな体。
緑のメンコ、額に大きな流星。
緑と黄色の勝負服。

背中には大好きな人、脇には大切な人。
背景にはたくさんの夢と希望、期待。

最期まで自分らしく、自分だけの道を進んでいたスズカ。

レース以外の時は淋しがり屋で甘えんぼう。
小さい頃からの旋回癖。(狭い馬房の中をグルグル回る癖)
一度だけ、レース直前のゲートから抜け出したこともあったね。
弥生賞だったかな?
加茂サン(スズカのお世話をしていた厩務員サン)を探しに。
それ以来、ゲート前まで手綱を加茂サンが引くようになったよね。
地下馬道を出たら普通は手綱離されるのに(笑)

7年前の今日だって、そうだった。

スピードを魅せ付けた金鯉賞。
衝撃的だったよ。
ゴールしたスズカの後ろは、まだ直線入ったくらいでさ。
残り100メートルくらいから武サン、笑顔だった。

強豪相手に逃げ切った宝塚記念。
まさかだったよ。
アタシのもう一頭大好きな馬、エアグルーヴを負かしちゃうし。

すっかり成長した毎日王冠。
後の年度代表馬も、凱旋門賞2着馬も。
誰もスズカに追いつけなかったよね。

7年前の今日だって、そうだった。

いつもみたいにキラキラしてた。
いつもみたいに外埒沿いを武サンを背に、加茂サンを隣に。

ゆっくり、ゆっくり。

声を押し殺して
ハミを伝って流れた涙も

涙もなく落ちた気持ちも

ありがとうって大声も

届いているよね?



いつか会いに行くからね。



ありがとう。





|日常comments(0)trackbacks(0)|
スポンサーサイト

|-|-|-|
 ------- + COMMENTする + ------- 








 + TRACKBACK + 
この記事のTRACKBACK URL

http://enjoy-ei8hter.jugem.jp/trackback/293